Starworshipperの裁縫箱



  • Command Referenceに乗ってないコマンドの一つ

    「Zスクリプト→コマンドのエクスポート」には存在するが、
    http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/command-reference/
    サイトには載ってないコマンドがちらほら。

    一例として
    「サブツールの可視性、ブーリアン、ポリペイントのON/OFF状態を、
    正確にSet、Getしてくれるスクリプト」等。

    (マクロでサブツールの可視性を記録しても、[IModSet,Tool:SubTool:pm3d_sphere3d_2,56]のように、ほぼ使用不可能な状態で記録されてしまって普通には使えない。 こういう難儀する箇所に限ってサイトに載ってないのってちょっと辛かった)
    [SubToolGetStatus,Subtool Index (zero based).  If omited then use the currently selected subtool.]
    Returns the status of a subtool
    Output: Returns the status (Subtool Eye=0x01, Folder Eye=0x02,UnionAdd=0x10,UnionSub=0x20,UnionClip=0x40,UnionStart=0x80,ClosedFolder=0x400,OpenedFolder=0x800) .
    
    [SubToolLocate,Unique Subtool ID]
    Locates a subtool by the specified unique ID
    Output: Returns the index of the located subtool or -1 if error.
    
    [SubToolSelect,Subtool Index (zero based).]
    Selects the specified subtool index
    Output: Returns zero if OK, -1 if error.
    
    [SubToolSetStatus,Subtool Index (zero based).  If omited then use the currently selected subtool.,New Value (Subtool Eye=0x01,Folder Eye=0x02,UnionAdd=0x10,UnionSub=0x20,UnionClip=0x40,UnionStart=0x80,ClosedFolder=0x400,OpenedFolder=0x800)]
    Sets the status of a subtool
    
    
    //現在のサブツールを非表示にする例
    	[VarSet,st,[SubToolGetStatus]] //現在のサブツールのステータスをstに入れて
    
    	[IF, [Val,st] & 0x01==0x1, //1ビット目(サブツールの可視性のフラグ)が「1」だったら、
    		[SubToolSetStatus,,st-0x1] //1ビットを引いた値を新しくセットすることで、サブツールが非表示になる。
    	]
    
    

    他にも色々「[MergeUndo]:Merge the next undo with the previous undo」とか。
    増えたスクリプトの差分が載ってる所ないのかしら。



  • MAHmask Bias風 Z-modelerの設定

    私はこの設定のZ-modelerを、リスペクトを込めつつ勝手に「Z-MAHmask Bias」と呼んでいます。😤
    画像のようにZModelerを設定して、マスクしたいところでドラッグするだけ。

    MAHmaskとの違いは、MAHmaskはブラシを当てところだけを塗るのに対して、こっちは一気に面を掌握します。ハードサーフェス様のパリッとした造詣にはこっちの方が向いてる気も。

    デメリットとしては、「同一平面」をドラッグに応じて一気にマスクするので、
    カーソルを当てたつもりのない同一平面上にもマスクが当たってたりします。

    Zmodelerって基本的にクリックで作業するブラシなのに、
    「平面アイランド」「平面内部」「平面外部」みたいな一部の機能だけ、
    ドラッグでの作業もできるって、意外と気づきにくいと思うの・・・。🤔
    0_1643445691148_upload-19236701-80c6-4b64-ba48-59c4c19624ec

    まぁ、代替として、Transpose SmartMaskが最初からあるんですけど。

    やっぱり直感的に塗り塗りできるのは強いですよね。
    普通のTransposeとマスクって同時に使うことが多いと思うので、ブラシ側でマスクできるのは便利かなと思います。🤪



  • ポリフレームカラーをトグルするマクロ

    Zmodelerでチマチマやってるときに、ポリグループの色によってポリフレームが見にくい時がままあると思います。
    4色にポリフレームをトグルできるマクロなんてどうでしょう。

    黒->白->赤->緑。
    なんでこの色?私が見やすいと思ったから :)

    マクロが嫌な人は、
    「環境設定→ ドロー→ Pfカラー」で、ポリフレームのカラー変えられますよ。

    0_1648990221133_ZBrush Document.png

    以下のスクリプトをコピーして、PolyframeColorChange.txtとか、PfC.txtみたいに好きな名前をつけて、
    マクロフォルダに突っ込めば動きます。

    //ZBRUSH MACRO - Recorded in ZBrush version 2022
    [IButton,???,"Toggle PolyFrame Color. ( Black-> White-> Red-> Green )",
    	[IShowActions,0]
    	[IConfig,2022]
    
    	//[note,
    	// [IGet,Preferences:Draw:Pf Color]  // black 0  white 255.999985  red 255.2668 green 104.997131
    	// ]
    	 
    	[IF, [IGet,Preferences:Draw:Pf Color]==0,
    	//If
    		[ISet,Preferences:Draw:Pf Color,255.999985]
    	, //Else
    		[IF, [IGet,Preferences:Draw:Pf Color]==255.999985,
    		//If
    			[ISet,Preferences:Draw:Pf Color,255.2668]
    		, //Else
    			[IF, [IGet,Preferences:Draw:Pf Color]==255.2668,
    			//If
    				[ISet,Preferences:Draw:Pf Color,104.997131]
    			, //Else
    				[IF, [IGet,Preferences:Draw:Pf Color]==104.997131,
    				//If
    					[ISet,Preferences:Draw:Pf Color,0]
    				, //Else
    					[ISet,Preferences:Draw:Pf Color,0]
    				]
    			]
    		]
    	]
    
    ]
    //色の指定方法については、Command Referenceの [RGB, Red, Green, Blue]の項目参照
    
    
    ifの入れ子・・・


  • メモ
    ZAdjustor2.1 for ZBrush4R7 x64 (2023/11時点で多分最新版)が載った記事へのリンク
    http://archive.zbrushcentral.com/showthread.php?182163/page8#post1130126



  • IMMを設置中にスペースバー押し続けると、いちいちギズモにいかなくても位置変えられるって知らなかった🤯
    https://www.zbrushcentral.com/t/set-a-custom-pivot-point-for-an-insertmesh-brush/366439/5



  • ギズモの位置をサブツール間でコピペするマクロ


    まず最初に。

    Nick toolsにあります。

    https://www.zbrushcentral.com/t/my-zbrush-plugin/308580/72


    以下旧書き込み(回転が保持されないバグあり):

    GizCpでギズモコピー、GizPstでギズモペースト。
    https://cdn.discordapp.com/attachments/1010060802746749020/1099812653720936478/GizCp.7z



  • キーボードショートカットの探し方

    新しいキーボードショートカットを作るとき、
    「すでに割り当てられている」
    なんて言われて、何に割り当てられているか分からなかったりすることありますよね。

    以下の「The full list as a printable pdf – download here」のところからPDFをダウンロードし、
    文字検索して引っかかってくれれば、まずは良し。
    https://docs.pixologic.com/user-guide/keyboard-shortcuts/

    ・・・なのですが、それでも引っかからない場合、つまり、
    追加したアドオンにキーボードショートカットが割り当てられていたり、
    自分が昔に設定したキーボードショートカットを忘れたりした場合は、
    「環境設定 ->ホットキー ->保存」
    が使えます。

    テキストを保存すると、以下のように、後ろ半分に人間が読める形のコメントを出力してくれるので、
    キーボードショートカットの重複チェックをしたい方や、前のショートカットを思い出したい方は、
    こちらも合わせて文字検索すると間違いが減ると思われます。

    0_1703174787263_upload-f17fe6bd-3954-4106-b884-05dc498b06db



  • Tabの作業領域拡大をちょっと補正するマクロ

    Tabを押すとクイックメニューが隠れて作業領域が広がりますが、サイドパネルもそのままで、更にドキュメント自体も大きくならないので、
    使い勝手がいまいちと思ってる方は少なくないと思います。
    (実の所、Preferences:Interface-> Float Menuにショートカットが当たってるだけなんですよね)

    最初から付属してるマクロに左右のサイドパネルを閉じるマクロがあったので、
    ワンボタンで両方閉じるようにマージし、ドキュメントをちょっとだけ拡大する処理を追記しました。

    ドキュメントをシンプルに1.2倍に拡大するだけなのでジャギなどが出ますが、
    Zmodelerなどで、ちょっとした細かい作業をしたいときなどは十分な動作かと思われます。

    以下をコピーして、「お好きな名前の.txt」に保存して、マクロフォルダに打ち込むと動作します。

    DocumentToggle.txt

    [RoutineDef,bothTrayToggle,
    	
    	//left tray
    	// Script will compare the location of the tray position and keep clicking till it changes
    	[VarSet,StartPosition,[IHPos,1000,1]]
    
    	[Loop,5,
    		[VarSet,CurrentPosition,[IHPos,1000,1]]
    		[If,CurrentPosition=StartPosition,
    			[IClick,1000]
    		,
    			[LoopExit]
    		]
    	]
    	
    	//righttray
    	// Script will compare the location of the tray position and keep clicking till it changes
    	[VarSet,StartPosition,[IHPos,1001,1]]
    
    	[Loop,5,
    		[VarSet,CurrentPosition,[IHPos,1001,1]]
    		[If,CurrentPosition=StartPosition,
    			[IClick,1001]
    		,
    			[LoopExit]
    		]
    	]
    	// Float Menuを正確にトグルする。
    	[If, [IGet, "Preferences:Interface:Float Menu"],
    		[IUnPress, "Preferences:Interface:Float Menu"]
    		[ISet,Document:Zoom,1.2]
    	,
    		[IPress, "Preferences:Interface:Float Menu"]
    		[ISet,Document:Zoom,1]
    	]
    
    ]
    
    [IButton,???,"Toggles the Left Tray Open or Closed.",
    	[IShowActions,0]
    	[IConfig,4.8]
    	//[IFreeze,
    		[RoutineCall,bothTrayToggle]
    	//]
    ,,1/2,,,]
    

    普段左パネルだけ閉じてる人、右パネルだけ閉じてる人、ドキュメントを1倍以外で使ってる人、
    等には向かない作りの雑なマクロです。

    普段から両方のパネルを引き出しており、
    かつドキュメントは基本的に等倍の人ならきちんと動作するはずです。



Looks like your connection to Starworshipperの裁縫箱 was lost, please wait while we try to reconnect.