■モデルの一部を3Dプリントしました∩╹◡╹)∩ 

(別の角度@twitter)
いずれ全身をプリントするためのテストショットと、
figmaに載せてみたいという好奇心のために!

サイズは、1/12を想定して、頭部が20mmぐらい。
価格は、DMM社に依頼して、1000円強でした。

■今回気づいたこと
<プラス面>
・実物>>>>3Dモデル
 →"かたち"が実空間にあるのは何にも換えがたい!
・色の雰囲気はとてもよい
 →2Dで塗った雰囲気がそのまま出力されてる!
・画面上でのアラは出力するとかなり気にならなくなる
 →案ずるより産めって諺を思い出した

<マイナス面>
・色のぼやけが大きく、実解像度が仕様よりも低くなる。
 →眉毛が消えた!細部・文字がにじんだ!
・0.5mm以下のブリッジ形状は無茶だった。
 →メガネの再現は今回できなかった!
  (発注時にメガネは再現できないよと了承済み)

■次の段階に向けての反省
・ディティールをもっと表現したいので、全身モデルを出力するときはスケールを大きくしよう。
・石膏による白味を見越して、濃い色にしよう。

■おまけ
figmaに乗せてみました。笑ってやってください。
自分の絵とプロポーション・頭身が違うのでこういう結果に(;˘◡˘)