Starworshipperの裁縫箱



  • マスクをじわっと広げるマクロ

    0_1597966766277_upload-a8274159-9c85-4544-bd3d-4e936485d639

    交差したり、埋まっていたりする部分に、
    マスクを染み込ませてほじくり出すのとかに使えるのではないでしょうか。

    //ZBRUSH MACRO - Recorded in ZBrush version 2021
    [IButton,???,"Press to run this macro. Macros can be aborted by pressing the ëescí key.",
    	[IFreeze,//あるとないとじゃ、画面のチラツキがぜんぜん違うんだぜ
    		[IShowActions,0]
    		[IConfig,2021]
    		[IPress,Tool:Masking:GrowMask]
    		[IPress,Tool:Masking:SharpenMask]
    	]
    ]
    

    マスクの拡張と、マスクのシャープを交互に押しているだけのボタンですが、
    「拡張する代わりにどんどんボケていくマスクの拡張」よりは、より直感的な拡張なのではないかと思います。

    効きが弱いなって思ったら、

    //ZBRUSH MACRO - Recorded in ZBrush version 2021
    [IButton,???,"Press to run this macro. Macros can be aborted by pressing the ëescí key.",
    	[IFreeze,
    		[IShowActions,0]
    		[IConfig,2021]
    		[IPress,Tool:Masking:GrowMask]
    		[IPress,Tool:Masking:SharpenMask]
    		[IPress,Tool:Masking:GrowMask]
    		[IPress,Tool:Masking:SharpenMask]
    		[IPress,Tool:Masking:GrowMask]
    		[IPress,Tool:Masking:SharpenMask]
    	]
    ]
    

    こんなファンシーな追記をすると、良い効きのボタンになると思います。😂



  • 全てのサブツールに同じ動作を適用したい時

    マクロを録画して、適当に保存したマクロファイルを開き、
    //このあたりに録画したマクロをコピーする のところに
    その「IPress ナンチャラ」あたりの群をコピーすれば、
    全てのサブツールにその動作が適用されるマクロの出来上がり。

    [IButton,???,"Press to run this macro. Macros can be aborted by pressing the ëescí key.",
    	[IShowActions,0]
    	[IConfig,2021]
    	
    	// [VarDef, qwSTN, [SubToolGetCount]] //マクロの時は多分要らないと信じたいもの
    	 [VarSet, qwSTN, [SubToolGetCount]]
    
    	[IFreeze, //画面描画を停止して高速化するおまじない
    		[Loop, qwSTN , 
    			[SubToolSelect, [Val, n]] // 上からn番目のツールを選択した状態にする			
    			//このあたりに録画したマクロをコピーする
    			//このあたりに録画したマクロをコピーする
    			//このあたりに録画したマクロをコピーする
    			,
    			n
    		]
    	]
    	
    ]
    

    で、あれです。こんな事しなくても、「ZRepeat It」があるじゃないですか。🤪
    0_1598589791119_upload-972fe0c1-8f5a-4def-a067-ea18f6e67040
    https://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/zplugins/
    保存したマクロを、「選択のみ」「表示」「全て」みたいな感じで適用できる孫の手公式プラグイン。



  • Zモデラーのカメラ移動(に近い挙動)をショートカットで

    CameraControlという結構古いプラグインなのですが、
    実は、「PixolGyro」と言うボタンの挙動が、Zモデラーに新しく追加された、
    「カメラを垂直に設定する」というアクションとほぼ同じなのです。
    0_1605710599551_upload-5b82a616-174d-4296-8c2b-cf3fb6b279d4

    こちらはボタンなので、お気に入りのショートカットに追加すれば、
    いちいち筆を切り替えなくてもサッサッと視点を変更できます。
    ハードサーフェスなどで、視点を頻繁に水平に保つような方は、
    こちらのプラグインが役に立つのではないでしょうか。

    他にもトランスポーズを利用したカメラ移動など、様々な方法があるので、色々試してみるとニーズに合った動きが見つかるかもしれません。
    https://www.zbrushcentral.com/t/orienting-view-based-on-transpose-action-line/206347/15

    (内部の正しい動きがよくわからないのですが、
    カーソル上のpixolデータをもとにしているらしいので、ねじれポリゴン上などでは、
    癖のある動きになったりするのではないかと思います。
    絶対的な垂直が欲しい人は、また違った方法が必要でしょう。)



  • 好きな刻み幅のブラシスライダー!

    2021.5からブラシの挙動が変わってしまい、刻み幅が現状仕様とのことでしたので、
    刻み幅1のブラシを強制的に「ドロー」の一番下にくっつける雑なマクロを書きました。
    (スライダーの幅500とかなってるけど、どの数字が適正なんでしょ。)

    【追記
    >オプション追加 : Shiftキーを押しながらスライダーを調整することにより、整数で数値を調整できるようになりました。
    やっぱり2021.5.1で機能が付きましたね、余計なマクロなどが不必要になって何よりです】

    動的なスライダーの作り方が分からなかったので、調整しやすいように
    0~30までのスライダーになっています。
    多分、1刻みが欲しいのはこのへんかと。

    ついでに、5,7,13,15,20のワンタッチドローサイズ変更ボタン付き😋

    //ZBRUSH MACRO - Recorded in ZBrush version 2020
    
    [ISlider,"Draw:Draw Size1.0", 4,//デフォルトの値
    
    //ここを好きな刻み幅にする
    1.0
    //ここを好きな刻み幅にする
    ,
    
    
    0,30 //スライダーの最小値から最大、5~10までとか、ニッチなスライダーを作れます
    
    , 
    "Change Drawsize",    //ポップアップテキスト
    [VarSet,qwBrush,[IGet, "Draw:Draw Size1.0"] ]
    
    
    [ISet,"Draw:Draw Size", qwBrush ]
    ,0,500 //slider width
    ]
    
    [IButton,"Draw:5","Change draw size.",
    [ISet,"Draw:Draw Size", 5]
    ]
    [IButton,"Draw:7","Change draw size.",
    [ISet,"Draw:Draw Size", 7]
    ]
    [IButton,"Draw:10","Change draw size.",
    [ISet,"Draw:Draw Size", 10]
    ]
    [IButton,"Draw:13","Change draw size.",
    [ISet,"Draw:Draw Size", 13]
    ]
    [IButton,"Draw:15","Change draw size.",
    [ISet,"Draw:Draw Size", 15]
    ]
    [IButton,"Draw:20","Change draw size.",
    [ISet,"Draw:Draw Size", 20]
    ]
    
    
    


  • ギズモの位置をサブツール間でコピペするマクロ(になる予定)

    一時保存がないので公開状態ですが、色々問題あります。
    位置は大丈夫そうなのですが、軸コピーがとてもきな臭いです。

    マーカスさんからTransposeGetでギズモの位置も記録できると教えて頂いたので、マクロを作ってみました。
    ギズモだけでなく、由緒正しきトランスポーズラインの一時保存的な使い方もできます。
    そんなにサブツール間で位置保持したいなら最初からトランスポーズライン使えと🤗

    マクロのフォルダにこんな感じでtxtと空フォルダを配置すると、
    ギズモの位置をサブツール間でやり取りできるマクロの出来上がりです
    (フォルダにギズモの位置を記録するための情報が入ります)
    0_1608911281934_スクリーンショット 2020-12-26 003206.png
    コピー側で「GizmoCopy」して、ペースト側で「GizmoPaste」押す。
    それだけです。

    コピペできないときは、ペーストする側のギズモをほんの少し動かしてから、もう一度ペーストしてみてください。

    何故か分かりませんが、複数回ペーストするとこの問題が発生します。😂

    また、数字を見てもらうとわかりますが、ただGetしてSetしてるだけなのに、
    処理の過程でほんの少し数値が丸められてしまうようです。
    完全完璧な位置コピーではありません。

    更にコピーの過程で、コピー元のギズモの角度で、+ー方向やXYZが入れ替わったり、
    ひどいと目に見えるくらいで地味にずれてます。凶悪です。

    0_1608911363365_upload-814c20d0-ade7-472f-9a12-bbbef5162c8e

    GizmoCopy.txt

    //ZBRUSH MACRO - Recorded in ZBrush version 2020
    
    //最初にフォルダ作らないと動かない
    [IButton,???,"Copy the Gizmo and Transpose Position.",
    	[IShowActions,0]
    	[IConfig,2021]
    	
    	// [VarDef, qwSTN, [SubToolGetCount]]
    	 [VarSet, qwxPos, 0]
    	 [VarSet, qwyPos, 0]
    	 [VarSet, qwzPos, 0]
    	 [VarSet, qwRedx, 0]
    	 [VarSet, qwRedy, 0]
    	 [VarSet, qwRedz, 0]
    	 [VarSet, qwGreenx, 0]
    	 [VarSet, qwGreeny, 0]
    	 [VarSet, qwGreenz, 0]
    	 [VarSet, qwBluex, 0]
    	 [VarSet, qwBluey, 0]
    	 [VarSet, qwBluez, 0]
    	 [VarSet, qwendx, 0]
    	 [VarSet, qwendy, 0]
    	 [VarSet, qwendz, 0]
    	 [VarSet, qwTLength, 0]
    
    	[TransposeGet, qwxPos, qwyPos, qwzPos,
    	 qwendx,qwendy,qwendz,qwTLength,//終端側の位置、そして長さ
    	 qwRedx,qwRedy,qwRedz,
    	 qwGreenx,qwGreeny,qwGreenz,
    	 qwBluex,qwBluey,qwBluez
    	 ]	
    	[VarSet, qwFFLUSH, [StrMerge,"x:",qwxPos,
    	", y:",qwyPos,
    	", z:",qwzPos
    	  ]]
    	[Note,  qwFFLUSH]
    	[VarSave, qwxPos, "Rtem/qwxPos"]
    	[VarSave, qwyPos, "Rtem/qwyPos"]
    	[VarSave, qwzPos, "Rtem/qwzPos"]
    	[VarSave, qwRedx, "Rtem/qwRedx"]
    	[VarSave, qwRedy, "Rtem/qwRedy"]
    	[VarSave, qwRedz, "Rtem/qwRedz"]
    	[VarSave, qwGreenx, "Rtem/qwGreenx"]
    	[VarSave, qwGreeny, "Rtem/qwGreeny"]
    	[VarSave, qwGreenz, "Rtem/qwGreenz"]
    	[VarSave, qwBluex, "Rtem/qwBluex"]
    	[VarSave, qwBluey, "Rtem/qwBluey"]
    	[VarSave, qwBluez, "Rtem/qwBluez"]
    	[VarSave, qwendx, "Rtem/qwendx"]
    	[VarSave, qwendy, "Rtem/qwendy"]
    	[VarSave, qwendz, "Rtem/qwendz"]
    	[VarSave, qwTLength, "Rtem/qwTLength"]
    ]
    

    GizmoPaste.txt

    //ZBRUSH MACRO - Recorded in ZBrush version 2020
    [IButton,???,"Press to run this macro. Macros can be aborted by pressing the ëescí key.",
    	[IShowActions,0]
    	[IConfig,2021]
    	
    	 [VarSet, qwxPos, 0]
    	 [VarSet, qwyPos, 0]
    	 [VarSet, qwzPos, 0]
    	 [VarSet, qwRedx, 0]
    	 [VarSet, qwRedy, 0]
    	 [VarSet, qwRedz, 0]
    	 [VarSet, qwGreenx, 0]
    	 [VarSet, qwGreeny, 0]
    	 [VarSet, qwGreenz, 0]
    	 [VarSet, qwBluex, 0]
    	 [VarSet, qwBluey, 0]
    	 [VarSet, qwBluez, 0]
    	 [VarSet, qwendx, 0]
    	 [VarSet, qwendy, 0]
    	 [VarSet, qwendz, 0]
    	 [VarSet, qwTLength, 0]
    
    
    	[VarLoad, qwxPos, "Rtem/qwxPos"]
    	[VarLoad, qwyPos, "Rtem/qwyPos"]
    	[VarLoad, qwzPos, "Rtem/qwzPos"]
    	[VarLoad, qwRedx, "Rtem/qwRedx"]
    	[VarLoad, qwRedy, "Rtem/qwRedy"]
    	[VarLoad, qwRedz, "Rtem/qwRedz"]
    	[VarLoad, qwGreenx, "Rtem/qwGreenx"]
    	[VarLoad, qwGreeny, "Rtem/qwGreeny"]
    	[VarLoad, qwGreenz, "Rtem/qwGreenz"]
    	[VarLoad, qwBluex, "Rtem/qwBluex"]
    	[VarLoad, qwBluey, "Rtem/qwBluey"]
    	[VarLoad, qwBluez, "Rtem/qwBluez"]
    	[VarLoad, qwendx, "Rtem/qwendx"]
    	[VarLoad, qwendy, "Rtem/qwendy"]
    	[VarLoad, qwendz, "Rtem/qwendz"]
    	[VarLoad, qwTLength, "Rtem/qwTLength"]
    
    
    	[TransposeSet, qwxPos, qwyPos, qwzPos,
    	 qwendx,qwendy,qwendz,qwTLength,//終端側の位置、そして長さ
    	 qwRedx,qwRedy,qwRedz,
    	 qwGreenx,qwGreeny,qwGreenz,
    	 qwBluex,qwBluey,qwBluez
    	 ]	
    	[VarSet, qwFFLUSH, [StrMerge,"x:",qwxPos,
    	", y:",qwyPos,
    	", z:",qwzPos
    	  ]]
    	[Note,  qwFFLUSH]
    ]
    


  • 扱いにくいところのシンメトリ編集

    ZBrushに限った話ではない奴ですが、昔困ってたことをふと思い出したので。
    独学だと、こういうベーシックなテクほど抜け落ちてたりするんですよね
    「言ってよ~~!!!」みたいな。🙄

    脇の下とか内股とか、シンメトリ編集中に扱いにくいところってよくありますよね。(画像の赤部分)
    かと言って、シンメトリ編集中は、片足だけを非表示にしたりはできない。
    しかも、モデルは中途半端にアシンメトリー&ハイポリで、後でミラーリングするには重すぎる、
    みたいな塩梅の時・・・。

    そんなときは、片足全部消そうとせず、邪魔な表側だけに一部非表示かければ、
    裏側から内側にアクセスできるのです。
    0_1611139150804_スクリーンショット 2021-01-20 192711.png

    (他にもSmartResymとか、UV展開してモーフして編集とか、
    軽い奴なら複製してミラーして投影とか、色々方法がありますね)



Looks like your connection to Starworshipperの裁縫箱 was lost, please wait while we try to reconnect.