ondoreの初投稿



  • 初投稿です。よろしくお願いします。0_1561061469278_無題_a.png
    『アイドルマスター シンデレラガールズ』より『前川みく』を制作しました。
    まずは、全身ぐるっと。
    0_1561061633199_無題2.png
    0_1561061648234_無題3.png 0_1561061666150_無題4.png 0_1561061695141_無題5.png
    続いて、アップ。

    0_1561061928906_無題7.png
    0_1561061714832_無題6.png

    0_1561061881265_無題8.png

    4面から。パースなしで。
    0_1561062109805_無題9.png
    以下、BPR無しの画像です。
    0_1561062189608_無題10.png
    0_1561062349715_無題11.png
    0_1561062451703_無題12.png
    0_1561062472539_無題13.png

    Flat Colorでレンダリング。
    0_1561062513062_無題14.png
    Chalkでレンダリング。
    0_1561062599019_無題15.png

    かなり手こずりましたが、なんとか完成までもっていけて良かったです…。でも本当は所々端折ったりしてるので、満足とまではいかなかったり…?
    塗装とレンダリングは未知の領域でした。レンダリングに関しては全てBPRでKeyShot等は使っていません。

    ここに投稿するのも初めてなので、何を書いたらいいのか分からないですが、とりあえず、ここまで見てくださった方はありがとうございましたm(__)m



  • ワークフロー、という程のものではないですが…^^;

    軽く流れをまとめてみました。

    (こういうのを投稿するのも初めてなのでかなり見にくいと思います。ごめんなさい…。)

    0_1561106907664_ワークフロー.png
    0_1561107000473_途中経過.png

    ここまでの作業はほとんどcoreの方で行いました。と、いうのもこの頃はまだ無印版を持っていなかったからですね^^;
    一部小物等はMayaで作成しています。

    ここからは無印版を購入したのでそちらでの作業になります。

    0_1561125888141_連続性.png

    まず無印版でやったことは、まだ作成しきれていなかった小物等、特に、同じ形のものが連続するもの、例えばフリルやスカートの端の金の装飾なんかを作成しました。

    カーブ機能って本当に有難い…( ノД`)

    0_1561126292893_皺加える.png

    続いて、服の皺の調整を行いました。

    やりすぎた皺、足りない皺、そういったものをここで修正していきます。

    あと、元絵を見ている時に左脚のポーズがおかしいことに気づいたので、ついでにここで修正しています(遅い)

    0_1561126570147_パーツ揃い.png

    これで今までのパーツと組み合わせ、微妙な位置調整を行えば、造形の作業は終了です!!

    そして塗りの作業に移ります→

    まず、大雑把に、個人的な塗装の流れを説明します。

    0_1561127053991_色塗り.png

    塗装に関しては今回がほぼ初めてなので、あくまで個人的な塗り方、として大目に見てください…。

    こんな感じ全てのパーツを塗っていきます!

    場合によってはこの流れにさらに強くしたり、弱くしたり、何週もしながら調整を行います。

    塗りの作業で気を付けていることは、塗りに限ったことではないですが、それ”だけ”を見て作業しないことですね。

    ソロで見ているときはいい感じに見えても、全体で見ると全然弱かったり、逆に強かったりすることが多々ありました(泣)

    なので、できれば全体を見ながら作業するようにしています。

    0_1561128099648_模様付け方.png

    塗りの作業で結構悩んだのがこの、服の模様、ですね。

    実はスポットライト、という機能があるのもこの時知りまして、これだ!!と思いました。

    が、お絵かきソフトというのに今までほとんど触れたことの無かった自分には、テクスチャを作るという作業はとてもハードルの高いものでした。

    そして、何とか作りましたが、正直かなり不満は残っています…。

    かなり便利そうな機能なのでこれからもっと勉強していきます!!

    0_1561128897388_完成.png

    そして、これら全ての作業を終え、完成です!!

    ~以下、余談です~

    実はこれは、初めて作業を開始してから一年以上が経っています。

    というのも最初のほうに、ここまではcoreで作成しました。という画像があったと思うのですが、あの当時はまだ、zbrushというものに触れてから四ヶ月程度しか経っていませんでした。

    なのでフリル等の作成が非常に面倒に感じてしまい、投げ出してしまったのです。

    が、それからというもの、完成させたい、というモヤモヤがずっと心の中にありました。

    そして一年以上が経過し、ついに、完成させるべく動き始めました。

    新しく購入した無印版で慣れない機能に振り回されながらも、なんとか必死に完成までこぎ着けました。

    自分で作ったものというのはたとえどれだけ拙くても、愛着が湧きます。大切なものです。

    ~~~~~~~

    すいません、変に話が長くなりました^^;

    最後になりますが、ここまで付き合って下さった方、本当にありがとうございました!!

    いかにも読みにくく見にくい文章だったとは思いますが、これからもっと勉強していきますのでよろしくお願いしますm(__)m

    それでは!!



  • 今回はzbrushで初めて作ったものをあげようと思います。

    前回の投稿から早二ヶ月、当初は一ヶ月に一回くらいで更新しようと思っていましたが、なかなかうまく行かず…。どうしようか迷ったものの、どうせなら…。ということで初めての作品にしました。

    スレッド名が初投稿のままですが、単純に新しいスレッドを作るのが面倒くさかっただけです。見にくかったらごめんなさい(__)

    0_1565522080904_arihara_a.png

    目の色が全然違うとかそういうことは私が一番理解しています…^^;

    ゆずソフト様の『RIDDLE JOKER』より、在原 七海(ありはら ななみ)です。

    ちょうどzbrush(core)を始めて2週間経ったか経ってないか頃にできた作品です。

    0_1565543617503_arihara9_a.png

    今見ると先程の目の色や、そもそもポーズをとってないということで色々物足りなさを感じてしまいますが、できた当時はとても嬉しかったのを覚えています。

    0_1565543971612_arihara11_a.png

    当時高校二年生だった自分はYouTubeでOPを見て、このキャラクターがとても好きになりました。

    ただ、ゲーム本編は18歳未満はプレイできないので、泣く泣くOPやカウントダウン動画で声を聞いたりして、モチベーションを保っていました。

    0_1565544733480_arihara3_a.png

    今回の投稿にあたり、モデルに修正を加えようと思ったのですが、あえて当時のままで、投稿することにしました。

    これからもいくつか過去作をあげようと思っていますが、全て修正しない、そのままの状態であげようと思います。。

    ~~~~~~~~~~~~~~~

    今回は以上です。

    初めての作品というのはやはり思い入れが違いますね。これが無かったら今の自分は無いわけで…。

    新しい作品もいくつかできてきているので、また機会があれば随時追加していきたいと思います。

    ここまで見てくださった方、本当にありがとうございましたm(__)m。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    ※余談

    ブロッコリー様より在原 七海ちゃんのフィギュアが登場しましたね!

    ブロッコリー様から発売されている他のゆずソフト関連のフィギュアもとんでもない高レベルで仕上がっております。

    もちろん今回の在原 七海ちゃんも、しばらく開いた口が塞がらないレベルの出来でした……。

    WFでの展示やブロッコリー様の公式twitter等で写真がアップされていますので、よろしければぜひ、ご覧になってみてください~(^^



  • こんにちは。

    前回の投稿から二日後の投稿です。前回の投稿で次は一ヶ月後と言っていました、ごめんなさい。不定期です。

    というのも理由がありまして、今回は

    「初音ミク×南海電鉄」

    のコラボレーションイラストをもとに制作致しました。

    0_1565722618914_1.png

    それでなぜそれが不定期更新に繋がったのかと言いますと、このコラボレーションに期間があるためです。

    一人でも多くの方に来ていただきたい、ラピートを見てもらいたい(?)、なにか自分にもできることがあれば、という思いから始まりました。

    0_1565723797939_2.png

    南海電鉄は私が生まれた時から傍にありました。電車でどこかに行くときは決まって南海の電車に乗りました。そして今も週の半分以上は南海に乗っています。

    自分は何か恩返しがしたかったのかもしれません。

    0_1565724209380_3.png

    私の思い出話はどうでもいいですね、ごめんなさい。

    とにかく私の作品はどうであれ、話だけでも聞いて頂き、少しでも行きたいと思って頂けたなら幸いです。

    0_1565724415775_4.png

    作品はかなり急いで作ったつもりですが、実際の作業時間を計ってみると21時間程度掛かってしまっていました。やり方によってはまだ短縮することができそうですが、やはり時間とクオリティは比例しますね…。

    0_1565724750851_5.png

    0_1565725139868_6.png

    思い付きだけで作った台座。南海電鉄のロゴそのままです。

    このロゴは「総合生活企業として未来に向けて力強く羽ばたいていく姿勢を表現している」(Wikipediaより)らしいです。

    0_1565725450533_7.png

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    今回は以上になります。

    次からはちゃんと予定通りの更新になると思います。なれば幸いです。

    2ヶ月ほど前に初投稿した作品が今回、top rowに選んで頂きました。びっくりしました。サイトの上部に私の作品がありました。左右をハイレベルな作品に挟まれてなんだかとても申し訳ないような…。
    ともあれ、このことを胸にこれからも頑張っていきたいと思います。この場を借りて感謝致します。

    ここまで見てくださった方、本当にありがとうございました!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「初音ミク×南海電鉄」コラボレーションイラスト、とても可愛いです!

    南海難波であちらこちらでの広告、等身大パネル、物販、オリジナルヘッドマーク、駅名ポスターなど、かなりいろいろあります。

    もうすぐ連休が終わってしまいますが!というより関西には台風がきていますが!ぜひ!南海難波まで来て頂けたらなと思います!

    物販等は南海難波以外でも行っております。

    詳しくは、コチラをご覧ください!!
    https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190726.pdf

    での



  • こんにちは。

    9月に入り季節的には秋らしいですが、暑さのせいでなかなかそう感じることは少ないですね^^;
    月見バーガーは美味しいんですけどね。

    0_1568565838332_10.png

    「覚悟はいいかしら?グリムバースト!!」

    というわけで、今回は「プリンセスコネクト!Re:Dive」より「キャル」です。

    0_1568566266716_11.png

    テレビを見ていたときにプリコネのCMが流れたので始めました。
    完全に初心者です。

    以降エフェクト無しです。

    0_1568566712132_12.png
    0_1568566756349_13.png
    0_1568566795608_14.png

    一見ツンデレの可愛らしい女の子ですが実はかなり闇を抱えていて、一部の間では「キャルちゃんをいじめるな」「キャルちゃんは俺が絶対に幸せにしてみせる」「プリコネで幸せになって欲しいキャラNo.1」「ヤバイですね☆」「腹パンしたい」など、不憫さが伝わるコメントが多く寄せられているのを目にしました。

    Chalk
    0_1568566838228_15.png

    Flat color
    0_1568568337091_16.png

    今回色は比較的あっさり目に塗るように意識しました。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    終わりに

    プリコネにハマってしまいました。
    自分はゲームというとアクションゲームくらい常にコントローラーを握って操作するくらいのゲームじゃないとやらなかったのですが、最近電車での移動時間が増えたため画面タップの気軽にポチポチできるゲームを探していたところ、このゲームに辿り着きました。面白いのなんの。もっと早くしておけば良かった…。

    このゲームに出てくる文字は一見全く読めないと思うのですが、なんとしっかりと解読できるそうで、調べたところある方がそのことを証明していました。

    0_1568569567708_17.png

    これは今回の作品でキャルちゃんが唱えている魔法なのですが、これを解読すると

    「The iron hammer will passed you in my order.」

    となるそうです。う~ん、キャルちゃんらしい…。

    今回はとりあえずここまでにしようかと思います‼
    後日軽くワークフローと言いますか、途中経過等をアップしようと考えておりますので良ければそちらもご覧になって下されば幸いです。

    長々とお付き合い頂きありがとうございました^^

    _________________________

    おまけ

    0_1568570620614_18.png

    「死ね、反逆者共! 国王陛下の威光に平伏しなさい!」

    0_1568571258475_19.png

    闇落ち、というか洗脳ver.
    自分が見たくて作っただけなのでこちらで軽く紹介。
    脚が網タイツになっているのが衝撃。



  • 基本的に途中経過をまとめたものですが…^^;
    0_1568654164834_1.png

    まず素体なのですが、頭は参考画像をもとに作成するので良いとして、身体は自分が一から作ったものになります。

    アクションフィギュアやプラモデルを参考に作成しましたがまだまだ使用感はあんまりです。。

    ポーズを付けるという段階はその後の完成度を大きく左右するとても大切な段階だと思っているので、こればっかりは試行錯誤を重ねて自分に合ったものを見つけるしかなさそうです。

    0_1568654696169_2.png

    まだまだ髪なんかは適当ですが気にせず、全体の形を取っていくことを最優先に作成していきます。

    0_1568654863295_3.png

    自分は基本的にマテリアルはChalkを使用しています。
    理由としてはMatCap Gray等は細部の凹凸まで確認できる非常に便利なマテリアルですが、それが逆に過剰な細部の作りこみにつながる可能性があるからです。
    例えば3Dプリントした場合、zbrush上で確認できる微細な凹凸は、そもそもの3Dプリンターの性能で出力できなかったり、そうでなくてもサフややすりがけの段階で消えてしまいます。
    自分はそのような部分に時間をかけるのがもったいないと考えました。
    ただ、Chalkにももちろんデメリットはあります。
    作業が進んでくると細かいパーツなどが増えてきます。そうなった場合、Chalkでは微妙な立体感が把握しにくく、せっかく作りこんだのに全然わからない…。なんてことも起こり得ます。
    それを回避するためにこの段階で白黒でいいのでざっくりと色をつけます。これだけでも非常に見やすくなります。

    どのマテリアルが自分に合っているかは本当に人それぞれだと思いますので、今回私が言ったことは数多くある意見の一つとして受け取って頂けたら幸いです。

    0_1568656647490_4.png

    エフェクトは基本的にZSphereから伸ばして作成。
    杖は猫のオブジェ以外全てZModelerで作成しています。

    0_1568656929988_5.png

    ”塗り切れていなかった”とありますが今までカラーの塗りについては触れてませんでした。訂正致します。

    前回の投稿でも書いたのですが、今回は比較的あっさり目に塗っています。
    というのも、初めて投稿した前川みくではかなりしっかりと塗っていました。ただそのせいで色が全体的にくすんで見えたり、なんだか濁ったような印象になってしまったかなと思ったからです。

    エフェクトは本来発光しているのですが、zbrushではそのような表現は難しいみたいなので割と思い切り塗っています。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    終わりに

    実は一番苦労したのは魔法陣?の文字でした。最初は意味があるとは思っていなかったので適当な文字に置き換えようかと思っていたのですが、意味があるとわかるとしっかり作るしか無いですからね^^;
    一文字一文字資料を参考にグレースケールの画像を作り、スナップショット3Dで抜き出す。それをまた一つ一つ円に沿うように並べていく…。
    かなり地道で苦労しましたが、達成感は凄かったのでOKです!

    ここまでご覧下さって本当にありがとうございました。


投稿するのにログインして下さい

Looks like your connection to ondoreの初投稿 was lost, please wait while we try to reconnect.