トランスポーズの際の体積の維持?



  • トランスポーズマスターにて、Zsphireリグを使ってポーズ編集を行った際、
    曲げた部分が不自然に細長くなってしまったり、シワが寄ってしまうことがあります。

    サポート用のスフィアを複数入れる方法、および各種ブラシでの最終調整で対処していますが、
    どうにも配置センスが無いのか、スフィアの数が無駄に増えてしまい、
    今度は柔軟なポーズ編集に支障が出てしまっている次第です。

    シワや潰れを回避するためのスフィアを配置する際のコツなどの
    お知恵を拝借できましたら幸いです。



  • @fr0stfr0g 曲げるZsphereの前後にZsphereを1個ずつ刺すことや、厚みを保持するために補助のZsphereを刺すことにより、周りのポリゴンに影響を与える範囲の調整を行えます。



  • @kizakiaoi said in トランスポーズの際の体積の維持?:

    厚みを保持するために補助のZsphereを刺すことにより、周りのポリゴンに影響を与える範囲の調整を行えます。

    > 曲げるZsphereの前後にZsphereを1個ずつ刺す、
    サポートのスフィアは、チュートリアルサイトなどを参考に取り入れておりましたが、
    言われてみれば、メインのボーンには、関節と同等数のスフィアしか入れていなかったので、
    こちらの手法を取り入れながらやってみたいと思います。

    ご回答、誠にありがとうございました。



Looks like your connection to トランスポーズの際の体積の維持? was lost, please wait while we try to reconnect.